NEWS | Dragon Ash Official Website

NEWS

  • INFO
    【 台風19号による青森公演開催に関しまして 】

    「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES” / “THE SEVENS” supported by Canva」  
    2019年10月12日(土)青森Quarter公演は予定通り開催いたします。

    ただし、当日の状況により公演を中止させていただく場合もございますので、
    お客様の安全を最優先に考慮しましての判断であることをご理解いただけますと幸いです。
    その際はDragon Ashオフィシャルサイト、SNSにてお知らせさせていただきます。  

    Dragon Ash スタッフ一同

     
  • INFO
    DA参加!ROTTENGRAFFTY トリビュートアルバム


    20年間における活動で培った“ROTTENGRAFFTY と仲間による強い絆”が結ぶ、
    バンド初のトリビュート・アルバム。
    ”古都のドブネズミ”ことROTTENGRAFFTYを、
    参加アーティスト陣が祝福ならぬ”ネズミ捕り”にかけるという、
    ロットンならではのトリビュートアルバム。

    このアルバムにDragon Ashも参加!

    『ROTTENGRAFFTY Tribute Album 〜MOUSE TRAP〜』
    2019年12月18日(水)発売

    収録楽曲は後日発表とのこと!

    ■ROTTENGRAFFTY オフィシャルサイト
    https://rotten-g.com/

     
  • LIVE/EVENT
    DA出演決定!『ポルノ超特急2019』



    Dragon Ash 出演決定!

    『ポルノ超特急2019』

    ■DA出演日:
    2019年12月22日(日)

    ■会場:
    京都パルスプラザ

    ■詳細:
    https://porno.rotten-g.com/

     
  • コンテンツ情報
    TOUR:アンケート受付中!&GOODS LINE UP!

    ≪アンケート受付フォーム≫
    ■スマホ版:
    https://sp.dragonash.jp/enq_ssl/g5ekW/

    ■PC版:
    https://www.dragonash.co.jp/enq_ssl/g5ekW/

     



    TOUR GOODS LINE UP!

    ≪Designed by Kj≫










    今回はTOUR前半の“THE FIVES”会場と、
    後半の“THE SEVENS”会場とで、販売アイテムが異なります。

    まずは“THE FIVESグッズのご案内です!

    詳細はGOODSページをご確認下さい!
    GOODS ページ
     

     
  • コンテンツ情報
    Canvaライブフォトシェアプロジェクト Dragon Ash TOUR

    「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES” / “THE SEVENS” supported by Canva」
    Canvaライブフォトシェアプロジェクト!

    各会場で撮影されたライブ写真を自分のSNSへシェアできるプロジェクト!

    ライブ終了後、カメラマンが撮影した厳選ライブ画像が特設サイトに掲載されます。
    掲載された画像には、各SNSフォーマットに最適化されたテンプレートが用意されおり、
    (Instagram・Instagramストーリーズ・Twitter・Facebookの4種類)
    好みの画像と投稿したいSNSを選ぶとCanvaの編集画面が開くので、
    そこで画像を自由にカスタマイズ、そしてそのままSNSへ投稿!
    ライブでの感動が冷めやらぬうちに、普段はできないライブの様子を共有することができます!

    このプロジェクトにはDragon Ashメンバーも参加する予定!

     

    「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES” / “THE SEVENS” supported by Canva」
    Canvaライブフォトシェアプロジェクト特設サイト

    https://dragonash.jimdofree.com/


    ※Canvaの詳しい利用方法などは上記特設サイト内でご案内しております。
    ※ご利用の際は
    Canvaのアカウント登録が必要になります。
     



    Canva, Inc. はオーストラリア・シドニーで 2012 年に設立され、2013 年に「Canva」をリリースしました。
    現在190カ国に提供しており、アクティブユーザー数は全世界で1500万人を越えています。

    KDDIウェブコミュニケーションでは2017年からCanva Japanとしてサービス提供しています。
    Canvaは今まで専門スキルが必要とされていたポスターや名刺などのデザインを、
    スキルなしで誰でも簡単にできるサービスです。
    Instagram の画像作成や Twitter 広告など、
    ありとあらゆる身の回りのデザインをクリックとタイプだけで作成できます。
    https://www.canva.com/



     



    Dragon Ashライブツアー
    「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES” / “THE SEVENS” supported by Canva」


    ■各公演詳細はLIVEページよりご確認下さい!
    LIVEページ(PC版)
    LIVEページ(スマホ版)

     




     
  • コンテンツ情報
    LiveMV公開 / 新曲配信 / 限定パッケージ 販売 :「Fly Over feat. T$UYO$HI」



    「Fly Over feat. T$UYO$HI」
    Live Music Video公開!


    「Fly Over feat. T$UYO$HI」は、
    2019年の夏フェスと9月11日から行われる全国ツアーにサポートとして参加するベーシスト
    T$UYO$HI (The BONEZ / Pay money To my Pain)をフィーチャリングに迎え、
    ツアーにむけてレコーディングされたDragon Ashの新音源。

    Live Music Videoは、T$UYO$HI がサポートベーシストとして参加した2019年夏フェス映像、
    『WILD BUNCH FEST. 2019』、『MONSTER baSH 2019』
    そして20周年の大トリを飾った『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』
    こちらも大トリとなった『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO』
    これらのライブから構成されている。

    ■YouTube:
    https://youtu.be/bDntJsDNK1E



     

    ◆楽曲配信
    ◆TOUR会場限定パッケージ販売!



    Digital Single
    「Fly Over feat. T$UYO$HI」

    ダウンロード・サブスクリプションサービスはコチラ!

    https://dragonash.lnk.to/flyover_tsuyoshi







    『DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES” / “THE SEVENS” supported by Canva』

    TOUR会場限定盤CD Single・限定パッケージ
    (CD+Tシャツ)


    CDシングルに、Kjデザインによる
    同曲のアートワークがプリントされた限定Tシャツをパッケージ。
    ツアー会場限定販売!

    NCS-952  / 3,800円(税込)


    【収録内容(CD+Tシャツ)】
    ・CD:
    「Fly Over feat. T$UYO$HI」
    ・Tシャツ
    「Fly Over feat. T$UYO$HI」ジャケットTシャツ

    Tシャツサイズ:身丈 / 身幅
    M:約69cm / 約52cm
    L:約73cm / 約55cm
    XL:約77cm / 約58cm
    (3サイズ展開)

    ※本商品は販売数に限りがございます。各会場、予定販売数に達し次第終了となります。

    ※本商品はツアーグッズの物販ブースで販売いたします。

    ※お支払いは「現金のみ」となります。
    クレジットカード・電子マネー等は使用できません。

    ※物販ブースは、各会場、開場時間の約2時間前より先行販売を開始いたします。
    先行販売はライブチケットをお持ちでないお客様もご利用いただけます。
    物販ブースの場所・整列方法等は、当日会場にてご確認下さい。
    (ツアーグッズ詳細はGOODSページをご確認下さい)

    ※不良品以外の返品・交換はいたしません。
    商品・サイズ・数量等、必ず購入時にご確認下さい。
    売り場を離れた後のお問合せには対応いたしかねます。


     
  • MEDIA
    10/6 OA!DA渋谷公演ダイジェスト SSTV『モンスターロック』



    10月6日(日)23:00~24:00(リピート)
    SPACE SHOWER TV『モンスターロック』で
    「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES”」
    9.17公演・渋谷 CLUB QUATTROダイジェストをOA!

    ■番組詳細
    https://www.spaceshowertv.com/monsterrock/

     
  • ライブ情報
    ATSUSHI コラボストール販売 / 風人雷人 in 奄美・香川
     

    =member news= 
    ATSUSHI



    【MICHAEL JACKSON Artist Collaboration 】
    マイケルジャクソンを敬愛するアーティストたちによる
    オフシャルコラボレーションシリーズにATSUSHIが参加

    ATSUSHI
    「Dancing Stall-MJAN」
    7,150円(税込)

    BUDDYZ WEB SHOPにて10/1から販売開始‼
    ■詳細・お問合せ
    『BUDDYZ WEB SHOP』
    http://www.buddyz-shop.com/




      

     



    ※売り上げの一部は「POWER of LIFE」に寄付されます。
    https://poweroflife.jp/


     




    風人雷人(ATSUSHI × 中村達也)
    in 奄美 4DAYS

    2019年10月1日(火)
    開場 19:00 / 開演 19:30
    マリンブルーカケロマ
    (鹿児島県大島群瀬戸内町諸数587-1)
    入場料 : 志
     
    2019年10月2日(水)
    開場 19:00 / 開演 19:30
    古仁屋SANTERIA
    (鹿児島県大島群瀬戸内町古仁屋大湊5-5)
    入場料 : 2,000円(1Drink別)

    2019年10月3日(木)
    開場 19:00 / 開演 19:30
    ASIVI
    (鹿児島県奄美市名瀬金久町4-3 2F)
    入場料 : 2,000円(1Drink別)
     
    2019年10月4日(金)
    開場 18:30 / 開演 19:00
     国直うみがめ公園
    (鹿児島県大島群大和町大字国直554)
    入場料 : 志
     
    ■全問合せ :
    アーマイナープロジェク
    0997-53-2202
    info@a-mp.co.jp





    風人雷人(ATSUSHI × 中村達也))
    in 高松栗林公園

    2019年11月4日(月・祝)
    開場13:00 / 開演14:00
    栗林公園 商工奨励館-北館
    (香川県高松市栗林町1-20-16)
    ※東門からお入り下さい。

    入場料 : 
    前売り3000円 / 当日3500円
    ※小学生以下無料・未就学児入場可
    別途入園料 : 
    大人410円 / 小人170円
    ※小学生と中学生は小人料金・未就学児童は無料

    チケット店頭販売 :
    AUDIO 香川県高松市常磐町2-3-36 仲吉ビル1F 087-812-6491
    チケットメール申し込み : 
    info@beat-syndicate.com
    (件名:風人雷人 本文:お名前・電話番号・ご住所・枚数)

    問合せ:
    AUDIO
    087-812-6491
    info@beat-syndicate.com


     




    ■ATSUSHI TAKAHASHI OFFICIAL SITE
    http://www.atsushi-takahashi.com/

     


     
     
  • ライブ情報
    AOS LIVE 情報:11.30 ワンマン チケット発売中!
     
    =member news=
    (桜井誠) ATOM ON SPHERE


    Shinjuku club SCIENCE presents
    AMBITIOUS!! 
    ~Shinjuku club SCIENCE 4th anniversary FINAL~
    -Special Episode-

    ATOM ON SPHERE
    ONE MAN LIVE


    ■日程:
    2019年11月30日(土)
    ■会場:
    Shinjuku club SCIENCE
    ■時間:
    OPEN 18:00 / START 19:00
    ■詳細・問合せ:
    Shinjuku club SCIENCE
    http://club-science.com/detail/2019/11/30/
    イープラス
    https://eplus.jp/sf/detail/3097380001-P0030001










    KEN LLOYD(OBLIVION DUST / FAKE?)
    Shigeo(The SAMOS / ex.SBK)
    ケイタイモ(WUJABINBIN / ikanimo / ex.BEAT CRUSADERS)
    桜井 誠(Dragon Ash)

    日本のミクスチャー・オルタナティブシーンを牽引してきた豪華メンバーのATOM ON SPHERE
    胸の高鳴りを煽るギターのリフとキャッチーなメロディー
    4人のバックグラウンドを最大限に活かした
    ニューロマンティック経由 レトロフューチャー ここに完成

     

    ATOM ON SPHERE OFFICIAL SITE
    http://atomonsphere.com

     

     
  • コンテンツ情報
    ライブリポート:TOUR初日@名古屋


     
    「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES”」
    ライブリポート
    2019.9.11 名古屋 CLUB QUATTRO


    Dragon Ash初の試みによる全国30公演のTOUR 2019 “THE FIVES" / “THE SEVENS”
    先ずは、“THE FIVES"ツアーがスタート!


     9月11日、Dragon Ashが全国ツアー
    「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES” / “THE SEVENS”」をスタートさせた。
    今回の全国ツアーはバンド初の試みとなる、Kj、桜井誠、BOTS、HIROKI、
    サポートベースのT$UYO$HI(The BONEZ / Pay money To my Pain)の5人のユニットで行う“THE FIVES" 。
    そして、ATSUSHI、DRI-Vのダンサー2名を加えた7人のフルメンバーで行う “THE SEVENS” の二段構成で行われる。
    ツアー初日となる11日は、“THE FIVES”として5人のメンバーが名古屋クアトロのステージに登場した。

     待ちわびた観客の熱狂ぶりに笑顔を浮かべたKjと桜井がこぶしを交わしてステージがスタート。
    最初に鳴り響いたのは、前回のツアー『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』や
    この夏のフェスでも披露されていない意外な楽曲だった。
    驚きと歓喜の声を上げるオーディエンスをさらに煽るように、
    ライブバンドのプライドを歌うキラーチューンを交え、次々とファン待望のレア曲を披露。
    ツアーの開幕に合わせてデジタルシングルがリリースされた、T$UYO$HIを迎えてレコーディングされた新曲
    「Fly Over feat. T$UYO$HI」では、フェスで鍛え上げた迫力ある演奏を轟かせ、バンドの覚悟と底力を見せつける。








    「T$UYO$HI、ありがとう!」
     セットチェンジの合間、観客の声と大きな拍手が沸き起こる。それに応えるように、進化し続けることで
    幾多の苦難を乗り越えてきたバンドの精神が刻まれた珠玉のナンバーたちが、フロアに力強く鳴り響く。
    「自分たちの意思を感じてもらえるような曲を作れたら」というKjの言葉の後に披露された、未発表の新曲では、
    ギターをおいてマイクだけを手にしたKjが、観客に語りかけるように言葉を音に乗せていく。

    「まだ上手く感情を伝えられないんだけど、ツアーを回って、その時にはもっといいバンドになって帰ってくるから」

     全身全霊で音楽を楽しむ観客に向かってKjが言う。だがその”上手く伝えられない”感情は、
    この日のセットリストからもしっかりと伝わっていたように思う。
    つねにオーディエンスと共に歩んできたこと。彼らの存在があるからこそ音を鳴らし続ける決意が出来たこと。
    長い轍の中で手に入れたそのかけがえのない絆と居場所を讃える楽曲の数々は、
    間違いなくオーディエンスに向けたメッセージだろう。




     アンコールでは桜井が、「全国のライブハウスを回れるのは嬉しいこと。
    でも狭いスペースではダンサーが自由に踊れない。何度も話し合ったし完全な形じゃないかもしれないけど、
    5人で初めてツアーをやることになりました」と、二段階でツアーに臨んだいきさつを話す。
    「いきなり30本という長いツアーを押し付けられたT$UYO$HIに拍手を!」と櫻井が続けると、
    T$UYO$HIを讃える拍手と歓声が場内から沸き起こる。ステージとフロアが近いライブハウスだからこそ、
    言葉に出来ない感情や思いも、互いの熱や表情から感じ取ることが出来る。
    T$UYO$HIと共にライブを行うと決意したこのタイミングで、まずはライブハウスを皮切りにツアーがスタートしたこと。
    それはきっと、<BUILD AGAIN>の精神で突き進んできたDragon Ashの未来にとって大きな糧となるに違いない。
    ツアーの後半戦は、フルメンバーで挑む“THE SEVENS”だ。
    果たしてどんな選曲と演出と進化したバンドサウンドが体感出来るのか、今から楽しみでならない。








     今回のツアーでは、新音源「Fly Over feat. T$UYO$HI」が、タイトル曲を収録したCDシングルと、
    Kjデザインによるアートワークをプリントした限定Tシャツからなるスペシャルパッケージを会場限定で販売。
    ツアーの開幕に合わせてデジタルシングルがリリースされた
    「Fly Over feat. T$UYO$HI」のライブミュージックビデオもYouTubeで公開されている。
    https://youtu.be/bDntJsDNK1E

    終演後にライブ写真をシェア出来る「Canvaライブフォトシェアプロジェクト特設サイト」も開催中だ。
    https://dragonash.jimdofree.com/ 

    TEXT 早川加奈子

    Photo by TAKAHIRO TAKINAMI
     

     
TOP